思わず試したくなる!ジビエを使ったペットフード7選

ペット愛好家のみなさんこんにちは!
今回の記事は、早稲田大学で学ぶわたくし宮下大佑が書きました。東京で開催されたペット系イベントで垣内さんと出会い、ファンになった経緯から書かせていただくことになりました。

みなさんもご存知の通り、最近わんちゃんやねこちゃんを家族の一員に加える方がどんどん増えてきています。そしてそれに伴って、ペットフードの種類もますます増えてきていますよね。かく言う私もわんちゃんを飼っているのですが、毎日与えるご飯やおやつなど、何を参考に選べば良いのか、栄養はちゃんと足りているのかなど、毎回本当に迷っています。

今回はそんな数あるペットフードの中でも、特に最近人気を得てきているシカやイノシシなどの野生鳥獣、いわゆる「ジビエ」を使ったジビエペットフードのご紹介をします!

目次

ジビエペットフード、その人気の理由に迫る!

みなさんはジビエペットフードと聞くと何を思い浮かべるでしょうか?
もしかしたらそもそもジビエなんて言葉を聞いたことがない…という方もいらっしゃるかもしれないですね。

そんな皆さんのために、最初に簡単にジビエとは何かをご説明させていただきます!

ジビエとは、狩猟で得たシカやイノシシなどの天然の野生鳥獣の肉を意味するフランス語で、古くからフランスを中心に、貴族のための高級食材として重宝されてきました。

ジビエという言葉が何を指しているのかについて分かったところで、早速今回皆さんにご紹介するジビエペットフードが、どうして最近になって人気を得ているのかを解説します。ジビエペットフードは他のペットフードと比較して、主に以下に挙げるような3つの特徴を持っています。

完全無添加であること

すぐにピンときた方は、普段から健康に気を使っている方だと思います。逆に多くの皆さんは、お肉に添加物ってどういうこと?となっているのではないでしょうか。実は家畜として飼われている牛や鶏は、一見無添加に見えても、一般的に「成長ホルモン剤」や「抗生物質」など、多種多様な添加物が投与されています。その際の添加物がお肉の中にも残っているのです。

もちろん一概に添加物が悪いものであると言うことは決してありませんが、自分でその安全性が理解できていないものを、大切なペットに与えるのって怖くありませんか?

その点ジビエペットフードは飼育されていない、自然の恵みの中で生き生きと育ってきた野生動物の肉を使っているので添加物は一切入っていません。また、生育過程で化学物質の摂取が無い野生動物の肉であるジビエは、アレルギー反応も起こりにくいと言われており、安心して与えられるペットフードとして、多くの獣医や専門家からも注目されているのです。

栄養価が抜群に高いこと

意外と知られていませんが、実はジビエは栄養価がとても高いんです。

例えばシカ肉は、牛肉と比較して脂質がなんと1/6、カロリーは半分以下なのに鉄分は2倍という、とんでもない成績を叩き出しています。また、多くのペット、特にわんちゃんに足りていないと言われているたんぱく質やビタミン、ミネラルといった成分がまんべんなく取れます。まさにペット界のスーパーフードですね。

他にも、ジビエペットフードの中でもシカ肉に並んでよく使われているシシ肉は​​、豚肉と比べると鉄分がおよそ4倍、ビタミンB12が3倍です。シシ肉に入っている成分はペットの疲労回復や新陳代謝の促進に役立ちます。

ペットフードはいわば、人間にとっての「薬膳料理」、と言えるかもしれません。

天然で嗜好性が高いこと

多くのオーナーの方が経験するであろうペットの食欲不振。それまでは元気にご飯を食べていたペットが、いつものように食べなくなってしまうのは本当に不安ですよね…。なんとかして食べてもらおうと、仕方なく添加物の入った味の濃いおやつや、香りの強いおやつを与える方も多いのではないでしょうか。

その点、シカ肉やシシ肉などのジビエのペットフードは、犬や猫にとって強い嗜好性を持っており、また天然物であるため添加物が入っていないので安心して与えられることはもちろん、育った山の環境や年齢、性別によってお肉の味が少しずつ違うので、なかなか飽きが来ません。

一度は試してみたい!おすすめジビエペットフード

ジビエペットフード全体の魅力がお伝えできたところで、京丹波自然工房が製造されているおすすめのジビエペットフードを7つ、ご紹介していきます!

鹿ドライジャーキー 25グラム

最初におすすめするのは、シカ肉のドライジャーキーです。

シカ肉を使ったドライジャーキーは、どこのショップに行っても比較的よくあると思います。ホームセンターでも見かけることがありますし、インターネットで調べればいくらでも検索に出てきます。

しかしこちらの商品の特別なところは、お肉のスジを無くしてパリッとしたわんちゃん好みのドライジャーキーにするため、一度お肉をミンチにした後にスライスして作っているところです。ご想像の通り、普通よりも製造に時間がかかります。だから同じことをやっておられるペットフードメーカーさんは、私の認識ではそんなに多くいらっしゃいません。効率の悪い、そんなひと手間を加えているからこそ、簡単に割れておやつとしても使いやすく、多くの飼い主のみなさんに選ばれています。

わんちゃんにあげるおやつを選ぶ際にみなさんが気にされることの一つとして、「ハサミいらずで簡単に手で分けてあげることができるか」があると思います。その点、このドライジャーキーなら安心です。

猪レトルト 50グラム

2つ目におすすめするのは、シシ肉を使ったレトルトパックです。

わんちゃんってやっぱり、毎日同じものを食べていると食いつきが悪くなってしまうこと、ありますよね。私自身も、たまにはいつもと違うものをあげて喜ばせたいと思っています。そんなときにおすすめするのがこちらの、シシ肉のレトルトパックです。

食感は一般的なドッグフードよりもずっとやわらかく、包装した後にしっかりと加熱処理をしてるため、届いたらそのままの状態ですぐにわんちゃんにあげることができます。

新鮮なレトルトパックを作るためには、山から猪を獲ってきたものをすぐに加工する必要があります。これは処理施設と加工施設をどちらも所有している京丹波自然工房だからこそ実現できたペットフードだといえます。

実は、人間が食べても驚くほど美味しく優しい味わいなのです。これをわんちゃんが喜ばないはずがない…と考え、日々製造されています。

鹿肉スープ 150ml

3つ目におすすめするのは、シカの背骨(骨髄の栄養)ボーン・ブロスと肉入りのスープです。

わんちゃん・ねこちゃんも歳を取ると、なかなか硬いものが食べられなくなる…なんてこともありますよね。飼い主さんからすると、愛犬がご飯をしっかり食べていないと、十分な栄養を取れているのか心配になることでしょう。

またわんちゃん・ねこちゃんの中には、なぜか水分を取らない癖のある子もいます。そんなわんちゃん・ねこちゃんにもこちらのスープはおすすめです。わんちゃん・ねこちゃんの大好きな味がついてるので、喜んで飲むこと間違いなしです。

ペットフードとしてはなかなか珍しい、シカ肉の背骨から作ったスープ。一般的なペットフードのように固形物ではないので、生まれたばかりからシニアのいろんな年齢のわんちゃん・ねこちゃんから、療法食まで、安心してあげることができます。

猪ドライ骨一本骨(冷凍品)

4つ目におすすめするのはこちらのイノシシの骨。

来客があり、どうしても吠えないで欲しいときや、仕事や勉強をするためにしばらくひとりで遊んでおいて欲しいときなどに買っておくと良いアイテム、通称「おだまりおやつ」です。

あげたことがある方ならお分かりになると思いますが、一度あげると喜んでずっと噛み続けています。周りに少し付いているお肉も、わんちゃんからすると嬉しいみたいです。しかも、骨のおやつの良いところは、なんといっても何度も使い回しができること。わんちゃんが遊び終わったあとは、雑菌やカビの繁殖を防ぐためジップロックなどに入れて冷凍庫に保存しておけば、繰り返し使うことができます。

さらに、わんちゃんが飽きて遊ばなくなってしまったあとは、お湯で茹でることで髄液が染み出し、スープにすることもできます。文字通り、一つで二度美味しいおやつですね。

鹿ドライ肝臓 25グラム

5つ目におすすめするのは、シカの肝臓を使ったペットフードです。

こちらの商品は、わんちゃん・ねこちゃんのスタミナ源にぴったりです。人間も同じですが、肝臓(レバー)を食べると元気がモリモリ出ますよね。肝臓は必須アミノ酸やビタミンA、ビタミンB群、鉄分、葉酸などをバランスよく含み、栄養の宝庫と言われることもあります。そんなレバーがドッグフードになっているのですから、わんちゃん・ねこちゃんの健康に良くないわけがありません。

最近疲れ気味だったり体力が落ちていたりするわんちゃん・ねこちゃんに、ぜひあげてみてください。元気いっぱい、大喜びすること間違いなしです。授乳中や成長期の栄養が必要なわんちゃん・ねこちゃんのおやつとして小さくちぎってあげるのも良いですね。

鹿ドライクッキーCa 25グラム

6つ目におすすめするのはこちらのシカ肉のカルシウム入りドライクッキーです。

こちらのおやつが他と違うところは、文字通りカルシウムが豊富に含まれているところです。わんちゃん・ねこちゃんの健康にこだわって、愛情いっぱいの手作りペットフードをあげている飼い主さんであっても、よく見落としがちな栄養の一つがカルシウムなんです。なぜかと言うと、カルシウムはお肉や野菜だけをあげていても、なかなか摂取できない栄養素の一つだからです。

わんちゃん・ねこちゃんの健康な骨や歯の維持のためにカルシウムを摂取するのはとっても大切なことです。栄養バランスの取れたご飯を食べて元気で長生きしてもらうためにも、ぜひあげたいですよね。

そんなときにこちらの商品をぜひぜひお試しください。滋養強壮に最適なシカ肉のドライクッキーが体に良いのはもちろんのこと、不足しがちなカルシウムをプラスして、わんちゃん・ねこちゃんの健康に貢献します。

鹿ふりかけ(肉)20グラム

最後におすすめするのは、こちらのシカ肉のふりかけです。

毎日同じペットフードを食べていて、飽きが来てしまったわんちゃん・ねこちゃんにぜひ試してもらいたいフードです。

使い方はとてもシンプルで、いつものドッグフードの上に軽くかけていただくか、ドッグフードが入った袋の中に入れて、シャカシャカ振って混ぜるだけ。シカ肉のふりかけをいつものフードに混ぜることで、普段足りていないビタミンや鉄分など、大切な栄養を補填できます。

ジビエペットフードを試してみたいけれど、今あるフードで十分だな…と思われている方には、まずこちらのアイテムをお試しいただきたいです。

ジビエペットフードで健康で長生きなわんにゃんライフを!

ここまでお読みいただきありがとうございます。いかがだったでしょうか。ひとくちに「ジビエペットフード」と言っても、本当に色々な種類があることをお分かりいただけたのではないでしょうか?

わんちゃん・ねこちゃんそれぞれの個性に合わせてフードを選んであげることができるのも、ジビエペットフードを食べてもらう楽しみの一つですね。

画像提供:tomo.m115さま

今までジビエペットフードを試したことがない方も、これを機会に一度お試しになってみてはいかがでしょうか。飼い主さん、わんちゃん・ねこちゃんともに、ハッピーな健康長生きわんにゃんライフがみなさんを待っています。

私たち、京丹波自然工房について

京丹波自然工房では、わたしたちが食卓でいただく肉と同じキッチンでペット・ジビエを切り分け、安全処理し、パッケージしています。わたしたちの工房は、わたしたちの切り分けた肉が真に健康をもたらしているか、生涯の幸せをもたらしているかを、常にこころに置き、食肉としてのクオリティを追求した厳しいランキング管理、詳細な記録と管理による全頭トレーサビリティ、野生肉を扱うことの厳しさに責任を持つ細かすぎるほどの衛生管理を実現しています。

たくさんのわんちゃん・ねこちゃんのオーナーから、「本当に幸せを感じるもの」「わたしたちの食卓に並ぶものと同じクオリティのもの」「必要な栄養をたっぷり含むもの」「小さな身体に想像以上の負担を与える化学物質を含まないもの」「アレルギーの危険が限りなく少ない食べもの」「歯や顎や筋肉の健康につながる咀嚼を適正に与えてくれるもの」に出会えた、というご感想を常にいただきます。わたしたちの製品は、その場限りの空腹を満たすのではなく、わんちゃん・ねこちゃんの幸せを生涯にわたって守るためにあると自負しています。

アイキャッチ画像提供:tomo.m115さま

良いなと思ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる